脳腫瘍


悪性黒色腫(メラノーマ)

 一九九六年四月に、肛門付近にできていた悪性黒色腫が肝臓に転移していたことがわかった。 悪性黒色腫は従来からある放射線治療のほか、最近では顕微鏡手術、凍結手術、レーザー手術など新しい手術があるという。初期に発見して手術すれば、五年生存率はほぼ100%になるそうだが、私の場合は違った。初期に発見できなかったのだ。
 メラノーマは初期に発見できないと急速に広がる性質をもっていて、遠い臓器に転移すると、五年生存率は10%以下になってしまうらしい。まさに私はこの10以下にあてはまるわけで、当然、恐怖に襲われた。なぜなら、患者である自分が積極的に、この病気を治すための直接的な努力をすることができないからだ。

 途方に暮れている時に、手術をせずにガンが治るという超ミネラル療法のうわさを耳にした。銀座にあるクリニックの医師が中心となって、その治療をおこなってるというのだ。さっそく連絡を取り相談した。その先生はすぐに超ミネラル療法を開始した方がよいとおっしゃるので、なすすべがなかった私はその言葉を信じて身を委ねた。 治療開始後、半年が過ぎたが自分としては元気の過ごすことができた。それからも病状が悪くなるどころか、メラノーマのことを忘れるくらい健康になり、すでに五年。

 メラノーマと肝臓転移を診断した病院で検査をおこなっているが、今でも担当医はメラノーマが治ったという判断をしてくれない。ここまでくると、いつまでも私を病人にしているのは病院ではないかと思ってしまう。病院側としてこういう理由があるのだろう。メラノーマという肉腫が治るはずはなく、それが治ってしまったとなると誤診を疑われる。そうなれば病院の恥になり、広まると困るので私が来院するたびにこういうのだろう。「いつ病病臥悪化するか分からないので注意するように」と。超ミネラル治療を施してくれた医師は「もう普通の色素細胞(メラサイト)になっているからメラノーマは完治していますよ」とおっしゃってくれる。
 私も実感として、自分が完治していることを確信している。






脳腫瘍が縮小した

 35歳の脳腫瘍の男性患者は、第1回の目の手術が終わってから、『(超)ミネラル水』を飲み始めました。遅かれ早かれ、脳腫瘍はまた大きくなるので、その時はまた手術しましょうといわれて、将来の生活設計どころか自暴自棄になっていました。

 患者さん本人は信用しませんでしたが、奥さんが、とにかくご主人に『(超)ミネラル水』を飲んでもらおうと努力した結果、やむを得ず飲んでいたこの患者さんの症状に変化が出てきました。 飲みはじめて20日もすると、脳圧尤進症状の頭痛が消えてきましたのです。吐き気もなくなって、当然大きくなるはずの脳腫瘍が、まったく大きくなる気配がありませんでした。

 CTスキャンの検査では、異常箇所はあるものの、不変で推移しているのです。最初の内は、担当の医者も自信を持って、まもなく症状が出てくると患者さんに言っていたのですが、「それにしてもいつまでも出てこないのはおかしいなあ」となった次第です。

 今までに、脳腫瘍の発育が途中で止まった症例はないので、医者に混乱と当惑が生じたのでしょう。

 残った脳腫瘍と支持組織は療痕となって、CTでも、MRIでも確認できますが、もはや何の傷害も起こさないものに過ぎなくなっています。
 脳腫瘍のばあい、メスを入れると脳の正常細胞をズタズタにすることから、患者さんに相当の後遺症が発生します。医者はその不都合をよく認識していますから、通常はいずれ手術する事になると思っていても、患者さんが手術を延期して欲しいと言えば、簡単に同意してくれます。
 この点に関しては、ふつうの胃ガン、大腸ガン、肺ガンで、手術を延期して欲しいという患者さんの申し出などを完全に無視するとは少々異なります。

 脳腫瘍、脊髄腫瘍については、私は絶対に手術しない方が良いと考えています。後遺症があまりにも悲惨だからです。
 脳腫瘍以外なら、「取らなくてもよかったら臓器を取ってしまったのか、まあ仕方ない、少し障害がでるかなあ」というくらい落ち着くのですが、脳腫瘍、脊髄腫瘍の場合は、あまりにもその代償が大きいからです。