院長紹介


野島尚武


長崎大学医学部卒、長崎大学医学部助教授、鹿児島大学医学部助教授,海外調査研究・アメリカ留学を経て、千葉県の保健所長等を歴任。現在、野島クリニックを開設し超ミネラル医療に取り組んでいる。





履歴・経歴
生年月日:
昭和19年(1944)11月29日 満州生れ
本籍:
鹿児島県出水市本町
現住所:
千葉県稲毛区在住
昭和38年3月:
鹿児島県出水高等学校 卒業
4月:
長崎大学医学部 入学
昭和44年3月:
同上 卒業
4月:
長崎大学熱帯医学研究所 助手
5月:
医師免許証収得
昭和49年9月
〜昭和50年1月
 
ケニア国で文部省海外学術調査(第1回)
昭和50年4月:
医学博士取得
 
鹿児島大学医学部 助教授
昭和50年7月
〜昭和50年11月
 
ケニア国で文部省海外学術調査(第2回)
昭和53年1月
〜昭和53年2月
 
フィリッピン国レイテ島にて日米共同研究学術調査
昭和56年11月
〜57年10月:
 
ケニア国でJICA(外務省国際協力機構)の医療協力事業参加
昭和60年9月
〜昭和61年6月
 
米国ナッシュビルのバンダービルト大学微生物学教室(Dr.Colley)に文部省在外研究員
平成元年4月:
千葉県衛生部主幹
平成元年10月:
千葉県保健所長